シアリスとバイアグラ・特長と違い

シアリスとバイアグラ・特長と違い

バイアグラは世界初のED治療薬!血管を広げる効果はシアリスと同じ

バイアグラは、シアリスより先に作られたED治療薬です。有効成分は「シルデナフィル」で、はじめは狭心症の治療薬として研究されていました。

バイアグラは、血管を拡張し、陰茎に血液が流れ込むようにすることで、正常な勃起を促します。基本的な作用は、シアリスと変わりません。シアリスの有効成分「タダラフィル」は、シルデナフィルと同じく、血管を拡張させる働きを持ちます。

臨床試験では狭心症の治療薬としては十分な結果が得られませんでした。しかし、被験者の多くが、シルデナフィルによって勃起不全が改善されたことがわかり、ED治療薬として開発されることになったのです。

その後、1998年にアメリカでバイアグラの販売が行われるようになると、「夢の薬」とまで称されるようになりました。

加齢や病気などで勃起不全に陥ったり、勃起力の低下に悩まされていたりした男性たちから、バイアグラは大いに歓迎され、このように呼ばれるようになったのです。

バイアグラの名は世界的にも知られるようになり、日本でも、認可される前から多くの人が個人輸入で海外から取り寄せました。そして、バイアグラと一緒に飲んではいけない薬と併用したことによる死亡事故が、相次いで起こったのです。

そこで、日本政府は、1999年に国内でのバイアグラの販売を認可しました。一方、シアリスは、2007年に国内で認可されました。

シアリスとバイアグラの違いはジェネリックの有無と剤形の種類!

シアリスは、バイアグラよりあとに作られたED治療薬です。そのため、効果の持続時間や飲みやすさが改善されています。

一方、バイアグラにはシアリスに優る点があります。それは、ジェネリック医薬品が作られていることと、様々な剤形の薬があることです。

バイアグラは2014年に特許が切れています。そのため、国内の多くのメーカーから、ジェネリック医薬品が販売されています。シアリスは、バイアグラよりも新しく、改善された点が多い一方、価格はより高額です。また、特許が切れていないため、シアリスはジェネリック医薬品がまだ製造されていません。

バイアグラのジェネリック医薬品は、元の薬のおよそ3分の1の価格で販売されています。EDが改善されるまで継続的に使う薬なので、1錠あたりの金額が下がると、費用を大幅に節約することができます。

バイアグラのもう1つのメリットが、錠剤の他に、OD錠とフィルムタイプがあることです。

OD錠とは、水なしで飲める薬のことです。口の中に入れると、唾液の水分だけで溶けて吸収されます。フィルムは文字通り、薄いフィルム状の薬です。これも、口の中で溶かすだけで効果を発揮します。シアリスには、錠剤以外の形の薬はまだ作られていません。

このように、バイアグラにも、シアリスに優る点があるのです。

持続時間の長さならシアリス!安さや飲みやすさを求めるならバイアグラ!併用はNG

バイアグラとシアリスは、基本的には同じ作用を持つ薬です。どちらも血管を広げ、陰茎に血液が流れ込むのを助ける作用があります。

シアリスは、バイアグラに比べて効果が長く続きます。また、食事によって効果が弱くなりにくいのも特長です。

一方、バイアグラはジェネリック医薬品が作られているため、シアリスよりも低価格で処方されます。また、OD錠とフィルムタイプがあるため、飲みやすさに秀でています。

バイアグラとシアリスを併用しても、勃起が強くなったり、効果が長く続いたりすることはないので、注意しましょう。

バイアグラとシアリスは、どちらも血管を拡張させます。血管が広がると血圧が下がり、血液の流れる勢いが弱くなります。そのため、血圧が下がり過ぎと、血液が全身に行き渡りづらくなります。2つの薬を併用すると、血圧が下がりすぎて、副作用のリスクが高まってしまうのです。

ED治療薬は併用せず、どちらか一方だけにしましょう。1錠飲むだけで、十分な勃起効果を得ることができます。