シアリスのジェネリック医薬品

シアリスのジェネリック医薬品

インドではシアリスのジェネリック製品が作られている

シアリスのジェネリック医薬品は、国内では製造・販売されていません。薬の有効成分と製造方法には、特許がつきます。特許が来れるまでは、その薬の製造・販売は、製薬会社が独占的に行うことができます。

シアリスの特許は2019年現在切れていないので、ジェネリック医薬品の製造は認可されていません。一方、インドではシアリスのジェネリック製品が作られています。

インドでは、特許に関する事情が複雑なものとなっています。2005年以前は、インドの製薬会社は、特許が切れていない薬のジェネリック医薬品の製造・販売が可能でした。2005年に法律が改正され、インドでもジェネリック医薬品の製造は特許が切れるまでできなくなりました。しかし、2005年以前に作られたジェネリック医薬品は、引き続き製造・販売が認可されているのです。

インドでは、「メガリス」「タダリス」「タダシップ」など、様々なタイプのシアリスのジェネリック医薬品が作られています。

なお、ジェネリックの普及率は、各国で大きな違いがあります。アメリカはジェネリックの普及率が非常に大きく、80%を上回っています。イギリスやフランスはおよそ70%です。一方、日本は60%以下という状況になっています。

ジェネリック医薬品は有効成分の開発費がかかってないから価格が安い!

シアリスのジェネリック医薬品は、元となったシアリスよりも低価格で販売されます。

薬には「先発薬」と「後発薬」の2種類があります。先発薬は、有効成分がいちから作られた薬です。先発薬が作られると、その有効成分と製造方法に、20年から25年の特許があります。特許期間中は、先発薬と同じ有効成分・製造方法の薬を他のメーカーが作ることはできません。

シアリスは、アメリカの製薬会社「イーライ・リリー・アンド・カンパニーが特許を取得しています。認可されたのは、2007年です。

特許が切れたあと、他のメーカーが先発薬の有効成分を流用して作る薬が、後発薬=ジェネリック医薬品です。

先発薬には、有効成分の開発費や宣伝費として膨大な費用がかけれています。一方、ジェネリック医薬品には、そうした費用はかかりません。そのため、先発薬よりも低価格で販売できるのです。

ジェネリック医薬品は、有効成分は先発薬と同じですが、製造方法や、添加物には違いがあります。基本的な効果は同じですが、人によっては体質に合わない可能性もあります。

シアリスの有効成分「タダラフィル」の特許は2019年現在、切れていません。一方、特許に関する事情が複雑なインド国内では、シアリスのジェネリック医薬品が製造・販売されています。

通販でシアリスのジェネリックを買えば費用を大幅に削減できる!

シアリスのジェネリック医薬品は、日本国内では入手できません。しかし、通販サイトを利用することで、海外から取り寄せることができます。

シアリスのジェネリック医薬品は、個人輸入代行を行っている通販サイトで購入できます。個人輸入とは、自分で使うことを目的に、海外から商品を取り寄せることです。

通販サイトでは、様々なジェネリック医薬品が販売されています。

代表的な製品として挙げられるのが「タダシップ」や「タダリス」「メガリス」です。また、ゼリータイプの「アプカリスSXオーラルゼリー」という製品もあります。

通販サイトでシアリスのジェネリック医薬品を購入すると、病院でシアリスを処方してもらうよりも、費用がはるかに節約できます。

一方、通販サイトで流通している薬には、偽造薬が紛れている可能性があるので注意が必要です。また、シアリスは体質や持病によっては使えません。通販で買った薬を自己判断で使う場合は、自分がシアリスを使っても問題ないか、よく確認しましょう。

通販サイトの中には、悪質なサイトも存在します。そういったサイトを利用すると、お金を騙し取られたり、偽造薬が送られたりする恐れがあります。

通販でシアリスのジェネリック医薬品を購入するときは、信頼性の高いサイトを選びましょう。